ダイヤモンドは永遠に輝く

いくつになっても美しいダイヤモンド

鑑定書と鑑別書

ダイヤモンドの鑑定書と鑑別書の違いについて

宝石を購入しますと、キチンとした専門店で本物を購入すれば、必ず鑑定書や鑑別書といった書類を添付してもらうことができます。しかし宝石に詳しくないものにとってはこの鑑定書と鑑別書がどのように違うのかはよく理解できていないことが多いのです。実は宝石の中でも鑑定書(品質保証書)が購入時についてくるのはダイヤモンドだけなのです。ダイヤモンドにはそのグレードを決める4Cという項目があります。この鑑定書には形質およびカット、寸法・重量、カラーグレード、クラリティグレード、カットグレードなどが詳細に記載されているのです。

こうした鑑定は精度を高めるために通常複数の鑑定士によって行われ、単独の判定士だけでは判断しにくい部分を複数でチェックして同じグレードとして認めていくという作業をおこなっているのです。ここまでこまかい鑑定書がついているのはダイヤモンドだけの特別な世界ということができるのです。一方、鑑別書というのは、ダイヤモンド以外のジュエリーに対して発行される証明書となります。記載されている内容はダイヤモンドと同じですが、ダイヤモンドほど明確にグレードの基準が設定されていないものが多いため、鑑別書に記載されている内容はまちまちになっているのが通常の状況です。

それだけダイヤモンドは世界的に流通量が多く、高価なものであるため商品の品質について保障している内容がしっかりしたものなのだということがよくわかります。こうした鑑定機関は世界的に有名なところがいくつかあり、権威のあるところで鑑定してもらった結果は、その後の売買などにも非常の大きな力を発揮する書類となっていきます。特に高額なダイヤなどを購入するときには、単にカラット数などだけに注目するのではなく、それ以外の4Cと呼ばれる項目でどのような評価を受けている商品なのかについてもじっくり確認をしたうえで購入していきますと、後々になっても間違いのない商品選びができるようになります。

その意味でも鑑定書(品質保証書)は非常に大事な書類であり、大切に保管しておくことが肝要です。特に先に行って商品を手放すといったときには、こうした書類はとても役に立つものになってくるのです。鑑定書があれば、確実に高額で売却することも可能になりますから、商品ともどもキチンと保管しておくことが重要です。特にダイヤモンドは価値を証明するのが難しい商品ですから、鑑定書は何よりも大切な書類ということができます。

  • ダイヤモンドは永遠の輝き
  • 4Cとは
  • 鑑定書と鑑別書
  • 買取のポイント
  • 悪徳業者にご注意
  • 最後まで大切に
  • スタイラスチップは硬度の高い物質が使われていて、ダイヤモンド買取に売却できる
  • 店頭販売直後の新製品に近いほど高額になるダイヤモンド買取
  • サイトマップ
  • PRサイト

  • どこよりも高く買い取ります。ダイヤモンド査定買取相談室
  • オンラインダイヤモンド買取ガイドのランキングサイト
  • 業界最高水準の信頼できるダイヤモンド買取業者