ダイヤモンドは永遠に輝く

いくつになっても美しいダイヤモンド

悪徳業者にご注意

ダイヤモンドジュエリーの買取トラブルを防ぐ方法

いつの時代も女性の憧れといわれるダイヤモンドですが、しかし実際にダイヤモンドのジュエリーは、豪華で普段使いができなかったり、デザインが古くなってしまったりと、なかなかつける機会がないためずっとタンスで眠っているというケースも少なくないようです。そこで、ダイヤモンドを売って新しいジュエリーを購入する人も多くなっていますが、買取のトラブルが起きるケースも多く報告されており、業者選びは慎重に行う必要があります。ダイヤモンドの買取のトラブルで、最も多いといわれているのが、見積もりと実際の査定額が大きく違っている場合です。最近ではオンラインや電話で気軽に見積もりを出してもらう事ができます。

その場合は、4Cといわれるキャラット、カラー、カット、クオリティーを伝えただけで金額をだしている為、実際のダイヤモンドを見たときの金額と違ってきてしまいます。そのため、商品を見ていない状態での査定や鑑定に時間をかけない業者との取り引きには気をつけなければなりません。また金やプラチナなどの貴金属のみを扱っている業者の場合も、ダイヤモンドの4Cの詳しい知識を持っていない可能性も高く、しっかりとした鑑定をできる人がいない場合もある為、避けたほうが無難です。

これからお店を決める場合には、古物商の許可証を取得しているかどうかを確認しておくが大切です。きちんとしたお店であれば、ショップのサイトには記載されているためチェックしてから、決めるようにします。また今話題になっている押し買いなどの悪徳業者にご注意ください。この方法は、買取や査定の依頼をしていないにもかかわらず、突然家に訪ねてきて、買取を行うのです。突然に訪問されて冷静に判断できない状態であり、なかなか帰ってくれなかったり、迷っていると焦らせるような態度を取り始めて、最後はかなり強引に買い取っていってしまうのです。このような被害にあわないためには、始めにきちんと相手を確認する事が大切です。

許可をうけている業者であれば、認定証を提示する事が義務付けられていますので、業者名や住所などの確認をしておきます。また悪徳業者の場合は、証拠となる書類を残さないようにしています。しかし買取の条件などを書類に残して、控えをもらっておくと、何かあった場合でも有利になります。また、買い取ってもらう気がない場合には、早い段階で断り、なにかおかしいと感じたり困った場合には、すぐに警察や消費生活センターに相談する事も大切です。

  • ダイヤモンドは永遠の輝き
  • 4Cとは
  • 鑑定書と鑑別書
  • 買取のポイント
  • 悪徳業者にご注意
  • 最後まで大切に
  • スタイラスチップは硬度の高い物質が使われていて、ダイヤモンド買取に売却できる
  • 店頭販売直後の新製品に近いほど高額になるダイヤモンド買取
  • サイトマップ
  • PRサイト

  • どこよりも高く買い取ります。ダイヤモンド査定買取相談室
  • オンラインダイヤモンド買取ガイドのランキングサイト
  • 業界最高水準の信頼できるダイヤモンド買取業者