ダイヤモンドは永遠に輝く

いくつになっても美しいダイヤモンド

ダイヤモンドは永遠の輝き

ダイヤモンドは永遠の輝きとは有名なキャッチコピー

ダイヤモンドは永遠の輝きというのは南アフリカのダイヤモンドメーカーの広告の有名なキャッチコピーですが、実はこの言葉は単に広告のコピーというだけではなく、本当に奥深いものといえるのです。このダイヤモンドは、地球上にある鉱物の中でもっとも硬いものであり、ほかの金属とこすり合わせても決して傷つくことにないものなのです。

この言葉の語源となっているADAMASというギリシャ語も同様の意味のことばからきているものなのです。古代からのこの特別な石は注目され、貴重品として取り扱われてきましたが、昔はインド近隣でしか採掘されなかったこともあり、とにかくその数も限られていたのです。

世の中の何よりも硬い石であることはわかっても、この石をどようにうに磨き上げればいいかについては長くその方法が見つからなかったため、きらびやかな宝石としての命を与えられるのは、15世紀にベルギーでダイヤを使ってダイヤを磨くことが発見されて以降のこととなります。

このダイヤモンドはまさにほかのどんなものからも影響されないものですから、永遠の輝きを放つものとして西洋を中心に貴族社会でももてはやされるようになり、宝飾品としての座を築くことになっていきました。まさに永遠ということばが最も似合う宝石がダイヤということなのです。

とくにダイヤをカットすることがその輝きを大きく増幅させていくことがわかってからは、天然の素材としての永遠性とともに、どのようにカットすることによって輝きを高めていくかということについても非常に研究が進むようになり、現在のような無駄のないすばらしいカッティングを実現できるようになっていったのです。

まさに天然石としてのクオリティの高さに加え、その素材を最大に引き出す魅力的なカッティングの組み合わせがダイヤモンドをより価値のある商品へと引き上げることに成功しているのです。

ダイヤモンド買取では、カラーグレード、クラリティ、カラットなど自然素材としての等級の高さも重要になっていますが、さらにカットグレードもそのクオリティを訴求する大きなポイントとして評価されるようになっているのです。つまり自然素材と人との融合によって高いクオリティが生成される唯一の宝石ということができるのです。

こうしたダイヤモンドは今も高い人気を博しており、いつの世も変わらなぬ憧れの商品として現代の社会でも変わらず、脈々と生き続けているのです。

ダイヤモンド等の宝石を換金したい方は宝石買取へ

What's New

2016/03/30
ダイヤモンドは永遠の輝きを更新しました

2016/03/02
ダイヤモンドは永遠の輝きを更新しました

2016/02/08
4Cとはを更新しました

2016/02/08
鑑定書と鑑別書を更新しました

2016/02/08
4Cとはを更新しました

2016/02/08
ダイヤモンドは永遠の輝きを更新しました

2016/02/08
店頭販売直後の新製品に近いほど高額になるダイヤモンド買取を更新しました

2016/02/08
スタイラスチップは硬度の高い物質が使われていて、ダイヤモンド買取に売却できるを更新しました

2016/02/08
最後まで大切にを更新しました

2016/02/08
悪徳業者にご注意を更新しました

  • ダイヤモンドは永遠の輝き
  • 4Cとは
  • 鑑定書と鑑別書
  • 買取のポイント
  • 悪徳業者にご注意
  • 最後まで大切に
  • スタイラスチップは硬度の高い物質が使われていて、ダイヤモンド買取に売却できる
  • 店頭販売直後の新製品に近いほど高額になるダイヤモンド買取
  • サイトマップ
  • PRサイト

  • どこよりも高く買い取ります。ダイヤモンド査定買取相談室
  • オンラインダイヤモンド買取ガイドのランキングサイト
  • 業界最高水準の信頼できるダイヤモンド買取業者